裏アカ特定アプリ ~変態優等生 剥き出しの性癖~

タイトル : 裏アカ特定アプリ ~変態優等生 剥き出しの性癖~

Information
「その日、僕は肉オナホを手に入れた……はずだった」子供の頃からのPCオタクでパソコン部の幽霊部員休み時間はスマホとにらめっこで女子からはキモがられ友達もいない僕の唯一の趣味は’裏垢漁り’中でもお気に入りは’ニャー子’ニャー子は裏垢女子でも完全顔出しで全世界にディルドオナニーを発信するようなド変態だ。そんな僕が趣味で開発したのが’裏垢特定アプリ’スマホで女子の顔を撮影するだけでネット上の裏垢写真とマッチングさせ目や顔を隠していてもある程度本人を特定できるようにしたものである。なかなかマッチングしなかったがクラスの女子にカメラを向けているうちにいつも図書室で一人いる委員長が僕の好きな’ニャー子’だということが判明する。「これお前だろ? 優等生のお前がこんな事知られたら困るんじゃないの?」「ど……どうしてそれを……あっ!?お願い……誰にも言わないで」ダメ元で脅した結果、委員長は動画のニャー子が装着していたアナルプラグの入った尻を僕にさらけ出す。指が沈む隠れ巨乳を揉まれ乳首をビンビンに尖らせる委員長にマ〇コを弄らせながら生フェラをさせる。遂に裏垢女子で無類の人気を誇る’ニャー子’を僕専用の肉オナホにすることに成功したのだ。だが――「あーあ 可哀想 君 一生性犯罪者ね」一転して、委員長が妖艶に微笑む。そして、盗撮動画で脅そうとする僕に「バレた方が 興奮する」と言ってのけたのだ。そう。委員長の本性はド変態の’ニャー子’。僕は一転して委員長が撮った動画で逆に脅されることになってしまう。「私の生マ〇コじっくり見といてね 匂いも覚えて あなたが一生入れれないマ〇コなんだから」そこから、彼女に痴態を見せ続けられるだけの生殺しな日々が始まった――。同級生やおっさん、ホームレスにまでセックスを許し、彼女は完全に快楽を求めるメスの顔を僕に見せつける。それでも僕は、彼女から目が離せない…脅迫、凌●が一転BSSNTRに変わる大ボリューム50p商業電子書籍でも活躍中!弥美津ヒロ名義の作品は{link=https://book.dmm.co.jp/list/comic/?floor=Abook&article=author&id=251241&limit=30}こちら{/link}!鳳まひろ名義の作品は{link=https://book.dmm.co.jp/list/comic/?floor=Abook&article=author&id=27094&limit=30}こちら{/link} !

>>>同人【触手】一覧はこちら

同人人気ジャンル

  • CG
  • コミック
  • ゲーム
  • ボイス