ロシア人義妹アーニャ 性教育(はなよめしゅぎょう)

ロシア人義妹アーニャ 性教育(はなよめしゅぎょう)

内容
☆あらすじ度重なる母親の再婚……。主人公にとって、今回で四人目の父親がロシア人だった。日本人の両親から生まれた生粋の日本人。ロリコン、冴えない、モテないのイイトコなしの主人公。母親の再婚によって家庭環境が何度も変わることにはすっかりなれてしまっていた。…しかし、今までの再婚とは違うことがあった。・再婚相手がロシア人であること。・相手にも連れ子がいたこと。「よろしく、お願いします……」―――とびきり可愛い洋ロリだった。兄妹が出来るのが初めてなこと、しかもロシア人美少女であることに大興奮した主人公。相手方の連れ子『アーニャちゃん』に一目惚れです。なんとか打ち解けようとするも、素っ気なくされては凹みますが時間をかけていけばきっと打ち解けると淡い期待を抱いています。出会ってからすぐにアーニャちゃんをオカズにオナニーするように。最初は妄想ですませていましたが、同居から半月で我慢できなくなり寝ているアーニャちゃんの実物を見ながらオナニーをしてしまいます。以降、ソフトなキスから髪をスンスンしながらオナニーとだんだん行動が過激になっていき、性欲の歯止めが効かなくなり、とうとうバレてしまいます。平謝りをする主人公ですが、アーニャちゃんはどうやら違う受け取り方をしていたみたいです。果たして、主人公とアーニャちゃんのお話はどのように進んでいくのでしょうか。北極壱号がお送りするオリジナルCG集第2弾。ロシア人義妹との夢のようなお話をお楽しみください。☆人物紹介・アーニャ突然できた義理の妹。ロシア人の両親から生まれたロシア人。いつもジト目。無口で感情表現が苦手。(冷たく見えるが内気なだけ)ロシア生まれだが、父親の仕事の都合で物心つくころから日本で育つ。日本語は普通に話せる。むしろロシア語は苦手。両親は離婚済み。二人とも日本で不倫した。(父は日本人と、母は父の仕事仲間のロシア人と)ロシアに帰った母親と一緒にいたかったが、ロシア語ができないため、父親と日本に残ることになる。その際、母親には捨てられたと感じており、落ち込んでいる。日本人と見た目が違うことがコンプレックスだが、ロシア語を話せるわけでもないので、変わった子という目で見られることが今まで続いていたため、自分が安心できる場所はどこにもないとも考えている。父親は日本人女性と再婚。それを機に歳の離れた日本人の義兄(主人公)ができる。上述の事情から心を閉ざしており、突然できた新しい母や兄に対してもよそよそしく、打ち解けようとしない。「愛されたい」という欲求、「いつか捨てられるかもしれない」という恐怖を抱えている。・主人公アーニャの義兄。日本人の両親から生まれた日本人。ロリコン。冴えない。モテない。母の再婚が今回で四回目。初めての連れ子、アーニャにほとんど一目惚れする。☆製品概要、スタッフ・基本CG16枚(文字あり無し合計720枚)・画面サイズ:1920×1080・Twitter:@hokkyoku_no1イラストレーター:しばいぬにき(@aromaterrace)シナリオ:エミル・ポッペ

無料立ち読みはこちら

同人人気ジャンル

  • CG
  • コミック
  • ゲーム
  • ボイス