祖父から会社を相続したら俺を不審者扱いしていた女どもの旦那が働く会社だったので色々接待してもらった話


祖父から会社を相続したら俺を不審者扱いしていた女どもの旦那が働く会社だったので色々接待してもらった話

『今日からお前がこの会社の社長だ』
今まであったこともない、祖父を名乗る老人から突然呼び出され
そう宣言された瞬間、俺はニートから大企業の社長となった。
何でも父と駆け落ちした母の父親らしく、高齢になり現役を引退し
隠居するにあたり、跡継ぎを探していたらしい。
娘である俺の母を奪っていった父に会社を継がせるのは断固拒否
しているらしく、唯一の男の親族である俺にきめたらしい。

その会社というのがよりによって無職で、ニートだった俺を
ゴミのような目で見る奥さん達の旦那が働いている、、、、

人物紹介

斎藤明子
無職の誠一を完全に不審者扱いし、町内会議で注意勧告までした誠一の天敵
旦那の役職は係長

佐々木和江
露骨に俺を避ける、向いの社宅に住む佐々木家の奥さん
旦那の役職は主任

板東恵子
誠一を小馬鹿にし、何かと挑発して遊ぶ性悪女
旦那の役職は課長

基本30枚、総枚数200枚となります。

祖父から会社を相続したら俺を不審者扱いしていた女どもの旦那が働く会社だったので色々接待してもらった話の詳細はコチラ

同人人気ジャンル

  • CG
  • コミック
  • ゲーム
  • ボイス